ゲームしかしてない

ゲーム好きの何も考えてないゲームぶろぐ。毎週金曜更新予定。

【Steamでゲームを買うのが初めての人はここをみてね。】

【タワーディフェンス+RTS+ローグライクRPG】Dungeon of the Endless

 

こんばんは。おからです。

 

 今回はネタに困ったときの持ってたシリーズです。

 

今回紹介するのは Dungeon of the Endless っていうタワーディフェンスしながらヒーローをRTSで操ってランダムダンジョンを攻略するっていう、かなりシステム面が面白いゲームです。

 

f:id:rabitfood3050:20171013215813j:plain

以下リンク、Steamに飛びますよ。

Dungeon of the Endless™ on Steam

 

どういうゲームか簡単に紹介するのは難しい。。。


①個性的なヒーローを選びます。シングルでもマルチでも最大は4人パーティです。

 

②ダンジョンを進みます。扉を開けると1ターン。オートで戦うヒーローをリアルタイムで操って、敵の攻撃からクリスタルを守ろう!

 

③敵の攻撃が激しくなってくとヒーローだけじゃどうしようもない!資源を集めて、装置を整えて敵をうまく迎撃しよう!

 

④絶秒なゲームバランス。ヒーローの個性、スキル、アイテム、ランダムダンジョンと運要素も強く、ドットで表現された世界観からキャラ設定まで、その魅力まさにエンドレス!


 

って感じのゲームです。

 

これもまた有名なやつなんで調べると日本語のサイトもいっぱい出てきます。

ゲームの言語設定として日本語こそ対応してないんですが、

 

日本語wikiもなんか見たらすごい充実してて、なんか必死に英語読みながらやった記憶があるんですが、ゲームを始めるのも、詰まったりなんかしても苦労しないかと思います。

 

なので今回は攻略要素は薄めに、簡単に紹介って感じにしますね。

 

あと何も知らずに手探りで「どうしたら正解なんだろー?」っていうのを探すのが面白いゲームなので、

 

英語や効果がわかんないとこ以外はネットで調べないようにして、手探りでトライ&エラーするほうがハプニングも含めて僕は面白いと思いますよ!

 

①タイトル画面

f:id:rabitfood3050:20171013222221j:plain

 

こんな感じ。

途中からは こんてぃにゅー。初めからは にゅーげーむ。

友達と遊びたいときは まるちぷれいやーです。

 

画面サイズとかはオプションで!

f:id:rabitfood3050:20171013223025j:plain

 

マルチで友達と遊ぶときは左のやつをprivateかfriendsにしましょう。publicにすると知らない人が入ってきちゃうかも!

 

シングルでも難易度はこの2種類です。Too easy か Easy です。

Easy の時点でとても初心者向きでは無いので、Too easy でやり方を覚えましょう。

 

どこまでキャラが出ていたのかを全く覚えてないので適当に隠しておきましたが、なんか僕がやってた頃よりキャラが多い気がします。こんな奴いたっけって感覚でした。

 

f:id:rabitfood3050:20171013223421j:plain

 

そしてこの宇宙船みたいなものを変えると根本的なダンジョンのルールを変えることができます。

敵が強くなったり、出てくるアイテムが変わったりとか、やり込み用のモード選択って感じなので、

基本ルールである Escape Pod で遊んで楽しーできれば基本はokです。

 

f:id:rabitfood3050:20171013224308j:plain

 

シングルはこんな感じです。

2キャラからスタートなのでこんな感じで選んで、Startしましょう。

 

②ゲーム画面(開始~戦闘)

f:id:rabitfood3050:20171013224716j:plain

 

こんな感じでスタートです。

 

左上のスパナがメニュー

f:id:rabitfood3050:20171013225738j:plain

マルチプレイならいっぱいセーブデータが作れた気がしますが、シングルならここでSaveして、

さっきのタイトル画面から 「コンティニュー」 か 「データを消して最初から」を選べます。

 

隣のカバンは一旦パスして

 

その隣の4色の数字が資源で、

・防衛や資源を生産する装置を作るときに消費するindustry(赤)

・新しい装置をアンロックさせるときに消費するscience(青)

・キャラをレベルアップさせたり回復させたり新規のキャラを雇ったりするときに消費するfood(緑)

・隣にある黄色いクリスタルを攻撃されると減っていくdust(黄色)

 

となっていて、dust(黄色)がゼロになったらゲームオーバーです。

 

そしてdust(黄色)は持っている数に応じて

「敵が沸かなくなる+装置を動かせる = 電気の通った明るい部屋

を作ることができるので、

 

できるだけ クリスタルが攻撃されないように、且つ 資源を無駄遣いしないように コントロールすることがかなりポイントになるゲームです。

 

 

・・・うん。言葉で説明するゲームじゃないかも!

 

 

f:id:rabitfood3050:20171013225640j:plain

 

カバンはここで開いてるよ!

 

右上の顔のイラストの右下あたりを押すとキャラクター情報。持っているスキル(や ステータスを見たり、装備をつけたりできます。あと、レベルアップもここでできます。

 

キャラも個性と特技があって、

装備の説明なんかに至っても全部英語なので読もうとすると割と大変です。

調べると日本語の攻略情報もかなり充実してるので基本的に困ることは無いと思いますが、

このゲームをやるならある程度は自分で調べるつもりでいたほうがいいかもしれません。

 

 

まぁゲームしてきましょう。。楽しむのが一番です。

 

 

見辛いかもしれませんが上がドアになってます。

このゲームこの「ドア」がかなり重要で、ドアを開く=1ターン経過になります。

 

f:id:rabitfood3050:20171013232441j:plain

 

こんな感じです。真っ暗です。

なぜならばそう。電気が通ってないのです。

 

この部屋の上でマウスカーソルを合わせて、マウスホイールを押し込みます。

 

f:id:rabitfood3050:20171013232608j:plain

 

光ります。(覚えてる)

 

 

 

ちなみにTキーを押すとダンジョンマップが見れて、その上でもできます。

 

f:id:rabitfood3050:20171013232745j:plain

f:id:rabitfood3050:20171013232756j:plain

 

こんな感じ。

 

 

この部屋はさっきも書きましたが、「敵が沸かない + 装置が作れる」状態です。

 

 

装置は画面左下です。

一応4種類くらいカテゴリがあって、壊すときは一番右なんですが、

なにせこの装置も種類が多いので、使って覚えたほうがいいです。

 

 

とりあえず。industry(赤)を増やしてみましょう。

industry(赤)は、 23+5  って書いてあるのですが、この +5 が毎ターン増える数になります。

 

f:id:rabitfood3050:20171013233330j:plain

 

 

そこでこれ!(左下)

ちっちゃくて見にくいかもしれませんが、

「俺は毎ターンindustry(赤)を3作るぜ。」って書いてあります。

 

industry(赤)を20消費して、industry(赤)を毎ターン3生産する装置を作ります。

つまり単純に7ターン(7ドアオープン)で元が取れる計算になります。

 

とりあえず作りましょう。

 

f:id:rabitfood3050:20171013234930j:plain

 

生産装置を作りました。(+8になりました)

 

でも流石にこれじゃ、全然タワーディフェンスが伝わってないと思うので、この生産装置を作った後、砲台を作ります。 

剣のマークのとこにあるこれが砲台です。

 

f:id:rabitfood3050:20171013235659j:plain

 

見にくいですが 砲台 ができました。これで敵がこの部屋に入ったら自動的に攻撃してくれます。

 

実は装置は大きく2種類あって、

主に生産用の 大型装置

主に戦闘用の 小型装置 があり、

設置できる場所が決まっています。

(ただ生産装置の効果をupさせる小型装置とか、戦闘用装置を強くする大型装置とかもあるので詳しくは調べてくださいませ)

 

さて、それよりも迎撃体制が整ったので戦ってみたいですね!

 

敵が出現する条件は、

「ドアを開いたときに、暗い部屋から確率で出現」して、その敵たちはクリスタルを目掛けて進軍してきます。(出ないときもあります)

開いた先の暗い部屋も判定に含まれるので、

 

「ドアを開くとき=準備OK!戦闘開始!」って感じです。

 

もちろんこのヒーローたちも戦います。HPが無くなったら居なくなります。復活なんてしません。(特殊ルールでは復活もあるけど)

 

f:id:rabitfood3050:20171014000241j:plain

戦闘はこんな感じ。 

 

◎戦闘時の操作

操作 動作

ヒーローをクリック or 右上の顔をクリック

選択

Qキー

全てのヒーローを選択

Shiftを押しながらクリック

複数選択(3人以上の時に)

選択した状態でドアor他の部屋を右クリック

ドアを開くorその部屋に移動

右上の顔をクリックして、その顔のしたに出てくるイラストをクリック

アクティブスキル(必殺技)

右上の顔の横にある赤十字マークをクリック

回復(緑消費

選択した状態Ctrlキーを押しながらキーボード1~0

グループ登録

WASDキー

カメラ移動

 

上記以外にも操作がいっぱいあるし、

 

戦闘中にパワーが足りない!って思ったら装置を追加で作ることもできたり、

とにかく忙しいですが、慣れてくるとこの瞬間が一番楽しいです。

 

ドアをガンガン開くと収入もいっぱいでお得( dust も新しい部屋に落ちています) 

 

ですが、

 

迎撃能力が足りなくて誰かやられたり、クリスタルを殴られてをdustを失ったりなんてしたら 大赤字 なので、

 

そのバランスを維持する難易度が絶妙なゲームになっています!

 

③ ゲーム画面(探索中の要素を簡単に)

 

f:id:rabitfood3050:20171014005918j:plain

science(青)はここで使います。

 

f:id:rabitfood3050:20171014010005j:plain

science(青)を消費して新しい装置を作れるようになります。でも消費してから3ドアくらい時間がかかる+この装置を壊す敵がいたり、簡単にはいきません。

 

 

f:id:rabitfood3050:20171014005052j:plain

商人。装備を買ったり売ったり。

商人にもHPがあったり、商人によって通貨となる資源も違うのでかなり奥が深いです。

 

f:id:rabitfood3050:20171014011249j:plain

仲間。バランスのいい4人組を目指しましょう。

 

他にも謎の装置があったり、作れる装置の中にも使い方が特殊なものとかもあるので、とてもやれることは多いです。

 

④ゲーム画面(各フロアのクリア条件)

 

ダンジョンのどこかに、出口となる部屋があるので、そこに入口にあるクリスタルを持ち上げて運びます。

 

ただ運んでいる間は暗い部屋から敵が無限に沸き続けます。

 

そしてもちろん持ち上げている人は戦えませんし、攻撃を受ければ体力もdustも減ってしまうので、いかに出口までの安全な道を作れるかがとても大切になります。

 

 

f:id:rabitfood3050:20171014012014j:plain

 

こんな感じで出口や、出口付近まで光で照らせれば比較的簡単に脱出できます。

 

f:id:rabitfood3050:20171014012314j:plain

 

この状態でクリスタルを右クリックで持ち上げます。

持ち上げたら出口までダッシュ!

脱出の際に出口の部屋に居ない仲間は「置いて行かれた」扱いになって次のフロアには居なくなってしまうので、出口でちゃんと全員合流させてExitしましょう!

 

f:id:rabitfood3050:20171014012629j:plain

こんな感じ。

 

!!まとめ!!

適当に書いて適当に終わるつもりが結構書いちゃいました。

 

というのもゲームシステムがとても面白いゲームなので、何これ!わかんない!やめた!って、できるだけなって欲しくないと思ったからだったりします。

 

調べれば攻略なんていっぱい出てくるんですが、

 

いきなり これが強い とか 

こういうトラップがある。

こういう酷いことをしてくる敵が居る。

 

なんていう初見プレイに必要のない情報に出会ってしまうかもしれないので、基本的な流れだけでもーと思って書いてみました。

 

ぶっちゃけこのブログの情報だけだとまともにクリアできないように書いたつもりなので、(重要ステータスのwitとか)

 

こっから自分なりに調べたり試行錯誤したら面白く遊べるんじゃないかなぁとプレゼンしてみましたよ!(うまくできてるかは不明)

 


日本円  1180円 です。

 

ゲームシステムがかなり渋く、難易度も絶妙なので、

ライトユーザーでも全然クリアできるゲームだと思いますが、忙しい部分も多いのでゲーマー向けかなぁと思います。

 

単純に世界観とか、ストーリーとかも好きですよ。なんかやばい人たちの集まりだっけ?なんかそんな感じのコンセプトだった気がするーー。

 

store.steampowered.com